お金はついてこない?貯金も消費も人それぞれ

お金はついてこない?貯金も消費も人それぞれ

「お金」、それは私にとって永遠のテーマになると思います。私は、お金について考えない日は1日もありません。幼少期、おもちゃのお金でママごとをしたりして遊んでいました。この頃私のおぼろげな記憶の中では「お金で物が買える」くらいの知識だった思います。

 

 

成長して学生期、欲しいものがあると両親に言って買ってもらっていました。

 

 

 

多分この頃、お小遣いをもらってその中でやりくりなんて方もたくさんいらっしゃるかと思います。私もお小遣い制にしてもらった事があったのですが、すぐにお小遣いを使ってしまって全く続かず、両親には必要な物を必要な時に買ってもらう方法にしてもらいました。

 

 

 

要はお金の管理を私は両親にお願いしたのです。そして、社会になりました。新人社員に与えられる初任給は、私の会社では手渡しというのが習わしでした。それまで母にお金の管理をしてもらっていた私は自分で大きなお金を持った事がありませんでした。

 

 

初任給でいただいた一万円札の束に記念にみんなで写真を撮った程の喜びと驚きがありました。

 

 

 

そんな喜びも束の間、独身時代のお給料は目的が自分のためでしかありません。貯金も目標額無ければ続かず、ある分だけ使ってしまう、時にはお金が足りないなんて月も出てきました。それでも、両親にちょこっと借りて翌月返す、それで大丈夫でした。

 

 

 

そして、結婚、出産、子育て期へ突入しました。私はそこで初めて私はお金の壁にぶつかるのです。どにもならない現実。旦那さんのお給料で生活していましたが、家族が増える度に生活費のやりくりで悩みました。

 

 

 

独身時代までは、お金より愛などと平気で言えていた私が、今では「お金がないと生活できない、ということは、お金は命と同じ」と考えるようになりました。今の私1人生きていければという状況にありません、守るべき育てるべき子供たちの存在があります。

 

 

 

無一文では子供を育てる事が出来ません。ただ生活をするそれだけでお金は必ず必要なのです。お金に振り回されず、心豊かに暮らしたいものです。